【IoT】サクッと解説

ギモン

サクッと解説、第3弾「IoT」です!

最近、IoTという言葉よく耳にしませんか?

IoTは現在、急速に普及しているんです。聞いたことないという方も、生活の中で利用しているのではないでしょうか。または、これから利用すると思いますよ!

IoTとは?

IoTとは、「Internet of Things(モノのインターネット)」の頭文字をとったもので、「身の回りのあらゆるモノがインターネットにつながること」や、「モノがインターネットにつながることで相互に制御する仕組みのこと」です。

あらゆるモノとは?

IoTによりインターネットにつながるモノは、ぼくたちの身の回りのあらゆるモノになります。本当にありあらゆるモノです。

  • 家電
  • 自動車
  • 医療機器
  • 機械(工場など)
  • 物流
  • 農業

などなど、他にもたくさんあります。

これらをインターネットにつないで何をするかというと、

  • モニタリング
  • 遠隔制御
  • データの分析や連携

などです。

「I」o「T」にとどまらない

さらに、 IoTにとどまらず、シャープが提唱している「AIoT」なんてのもあります。「AI(人工知能)」と「IoT」を組み合わせた造語です。単にモノがインターネットにつながるのではなく、AIを活用して学習しながらデータのやり取りをするというものです。

さらにさらに、インターネットにつながるのは「モノ」とどまらず、「IoH(Internet of Human)」すなわち、「ヒトがインターネットにつながる」という概念も生まれています。

もっと広い「IoE(Internet of Everything)」という概念もあります。「すべて(モノ、ヒト、データ)がインターネットにつながる」ということです。

まとめ

あらゆるモノ、ヒト、データなどすべてがインターネットにつながるようになってきています。

インターネットはますます欠かせないものになりそうです。まさにIT社会ですね。

まだまだ課題や問題もありますが、今現在も世界中で研究開発されていますので、IoTはどんどん進化しています。ぼくたちも知識をアップデートした置いていかれないようにしないとですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました