台風とは?定義や語源について。

ギモン

前回、台風の進み方について調べました。

▽こちら

台風よ、なぜ曲がる!そんなに日本が好きなのか。
「台風が上陸」「台風が北上中」こんなニュース聞いたことありますよね。そんなとき、こんなこと思いませんか。なんで日本に上陸するのなんで日本に沿って曲がるの日本好きすぎだろ!てこ...

台風がなんであんなカーブして進むのかわかりました。

そうなんですが、

そもそも台風ってなんなんだ?

と思ってしまったんですね。

てことで、台風についてさらに調べてみました!

台風とは

台風とは何なのかご存知ですか?

ちゃんと定義されているんです。

台風とは 「熱帯低気圧のうち、北西太平洋または南シナ海に存在し、低気圧内の最大風速(10分間平均)が約17 m/s以上のもの」

だそうです。

熱帯とは、赤道付近の低緯度の地域。

低気圧とは、周りより気圧が低いところ。風が吹き込み、中心で上昇気流となり、雲をつくる。

熱帯の海の上でできた低気圧が熱帯低気圧

北西大西洋は、日本の東の海。

南シナ海は、太平洋西部の東南アジア諸国に囲まれた海。

ちなみにこの定義は、日本基準のものになります。

タイフーン、ハリケーン、サイクロン!

えっ?そしたら違う海でできたらどうなの?

とお思いの方もいるでしょう。

熱帯低気圧は、発生した場所と風速で名前が違うんです。

台風は日本基準ですが、タイフーン、ハリケーン、サイクロンは国際基準で決まってます。

熱帯低気圧 場所 最大風速(10分間平均)
台風 北西太平洋または南シナ海 約17 m/s以上
タイフーン 北西太平洋または南シナ海 約33 m/s以上
ハリケーン 大西洋または北太平洋東部 約33 m/s以上
サイクロン インド洋または南太平洋 約33 m/s以上

台風の名前

台風18号とか、台風23号とか、台風○○号というのはよく耳にしますよね。

でも、それだけじゃなくて、台風に名前が付いているの知ってました??

台風には、アジア諸国が決めた140個の名前が用意されています。

2000年の台風1号に、「ダムレイ」(カンボジアで象)とつけられ、それ以降発生順に140個の名前が順番につけられているのです。

日本の名前もありますよ。

テンビン、ヤギ、ウサギ、カジキ、カンムリ、クジラ、コグマ、コンパス、トカゲ、ハトといった星座からとった名前です。

なぜ「台」風なの?

みなさんはこんなことを思ったことはないですか?

なんで台風って「台」の字使ってるんだ?

最初は颱風

「台風」という表記は、1956年(昭和31年)に決まりました。

明治初期に、タイフーン大風と表していたそうです。

その後、明治末期に、岡田武松さん(気象学者)によって「颱風」と名付けられ、

昭和31年に「颱」が「台」に置き換えられました。

4つの説

「台」の字が使われてる理由はわかりましたが、そもそもなんで「たいふう」?

「たいふう」の由来には4つの説があります。

  1. ギリシア神話に登場する怪物「テュポン(τυφων, Typhon)」  → 「typhoon」 → 「颱風
  2. アラビア語で嵐を意味する「طوفان(tufan)」 → 「颱風」、英語では「typhoon(タイフーン)
  3. 中国広東省で、南または東の激しい風「大風(ターイフォン)」 → 西洋ではギリシア神話のテュポンの影響でギリシャ式の「typhoon」 → 東洋に逆輸入され「颱風
  4. 沖縄(琉球)でつくられた説 – 久米村の気象学者蔡温の造語

うーん、どれが本当なんだろう。

ぼく的には、3番の逆輸入説がしっくりきますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました