ブルーライトの影響。目だけじゃない?

ギモン

皆さん、毎日スマホやパソコン、テレビなど、どれくらい見ていますか?

結構見てますよね。
電車の中なんて、ほとんどの人がスマホいじっています。

 

iPhone(iOS12)の方は、「スクリーンタイム」で確認してみてください。
ぼくはというと、一日当たり5時間くらいです。
実に一日の約20%!!!

 

なんてこった!こんなにスマホを見てるとは。

 

こんなにスマホを見てると心配なのは、「目」ですよね。

聞いたことはあると思いますが、ディスプレイから発せられる「ブルーライト」が目に悪いとかなんとか。

 

でも実際、ブルーライトがなんなのかあまり知らなくないですか?

なんで目に悪いか、わからなくないですか?

 

なので、今回はブルーライトについて調べました。

 

ブルーライトとは?

ブルーライトは、高エネルギー可視光線とも呼ばれ、可視光線のうちでも波長が380 nm 〜 530 nmの青色光のことです。

 

ぼくたちが目に見える可視光線(目の角膜や水晶を通過し、網膜に到達する光)は、波長でいうと約400 nm 〜 約700 nmの光です。

なので、ブルーライトは可視光線のうちで低波長領域なので、エネルギーは高くなります。

つまり、網膜に到達する光のなかで最も高エネルギーなのがブルーライトなのです。

  ▽この式より、

   波長が低いほど、エネルギーは高い。

  E = h・c/λ

    E:エネルギー

    h : プランク定数

    c:光の速さ

    λ:波長

これは、なんだか目に悪そうですね。

目への影響

ブルーライトは低波長なので、高波長な光に比べると散乱しやすいです。

(理由は難しいです。空気分子の固有振動数が関係しています。)

スマホやパソコンのディスプレイを見ると、散乱するブルーライトによって、焦点が合っていない視覚的な「ノイズ」が生まれます。

これが、「デジタル眼精疲労(digital eye strain)」の原因となってしまうのです。

 

また、高エネルギーであるブルーライトが目に入ると、瞳孔を縮めようと目の筋肉をより使ってしまうので、「目の疲れ」につながります。

目だけじゃない

昔々、光が太陽光だけだったとき、人は日の出とともに起き、日没とともに寝ていましたとさ。

 

これが、人の体に刻まれたリズムとなりました。

目に入る日光の量などで、このリズムをコントロールしています。

 

夜遅くまでスマホやパソコンを見て、ブルーライトを多く浴びてしまうと、このリズムが乱れてしまいます。

高エネルギーのブルーライトの刺激を網膜が受けることで、体は夜でなく朝や昼間だと勘違いしてしまうんです。

これにより、「寝付きが悪く」なったり、「眠りが浅く」なったり、「不眠症」などの原因になる可能性があります。

悪いことだけではない、メリットも

夜にブルーライトを浴びるのは良くないとわかりました。

しかし、昼間にブルーライトを浴びるのは悪くなく、むしろ良いということです。

 

先程言ったとおり、網膜がブルーライトを受けることで、人の体は「昼間」だと判断します。

つまり、昼間にブルーライトを浴びれば、体のリズムを維持するのに役立っているのです。

 

さらに、ブルーライトは覚醒を促進し、記憶や認知機能を助け気分を高めていることを示す研究もあります。

 

悪者だと思っていたブルーライトも、意外といいとこあるんですね。

失明はしない? 米国眼科学会 vs. トレド大学

2018年8月15日、米国眼科学会(AAO)は、「スマートフォンのブルーライトで失明はしない」とする声明を出しました。

 

これは、トレド大学の「デジタルデバイスからのブルーライトと太陽光によって、目の網膜内の重要な分子が細胞を傷つける。」という研究を反論するものです。

 

もっとわかりやすくいうと、

トレド大学は、

  • デジタルデバイスのブルーライトは失明につながる。
  • ブルーライトは加齢性黄斑変性症の原因
  • UVやブルーライトカットメガネを推奨

と言っていて、

 

米国眼科学会は、

  • トレド大学の実験は妥当ではない
  • デジタルデバイスのブルーライトは失明につながらない。

さらに、効果が実証されてないことや、被害の証拠がないにもかかわらず、ブルーライトに対する予防措置を取ることはブルーライトそのものよりも有害である可能性があることから

  • ブルーライトカットメガネを推奨していない

 

ということです。

真っ向から意見が対立してますね。

これは、どちらが正しいんでしょう。

 

たしかに、携帯電話やパソコン、スマホが世の中に普及し、みんなが使うようになってから、約20年くらいでしょうか。

人がブルーライトを多く浴びるようになってから、それだけしか経ってないので、ブルーライトの影響もまだまだわからないことだらけということですね。

 

 

【参考】

  1. ブルーライト研究会、http://blue-light.biz/
  2. ALL ABOUT VISION.com、「Blue Light: It’s Both Bad And Good For You」、https://www.allaboutvision.com/cvs/blue-light.htm#keypoints
  3. Wikipedia、「高エネルギー可視光線」、https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E5%8F%AF%E8%A6%96%E5%85%89%E7%B7%9A
  4. AAO(米国眼科学会)、「No, Blue Light From Your Smartphone Is Not Blinding You」、https://www.aao.org/eye-health/news/smartphone-blue-light-is-not-blinding-you
  5. AAO(米国眼科学会)、「Should You Be Worried About Blue Light?」、https://www.aao.org/eye-health/tips-prevention/should-you-be-worried-about-blue-light
  6. UT(トレド大学)、「UT CHEMISTS DISCOVER HOW BLUE LIGHT SPEEDS BLINDNESS」、https://utnews.utoledo.edu/index.php/08_08_2018/ut-chemists-discover-how-blue-light-speeds-blindness

コメント

タイトルとURLをコピーしました